PMS改善

薬に頼らないPMS改善方法

PMSとは月経前症候群のことです。

食生活を変えることでPMSの症状が和らぐ場合がある

読了までの目安時間:約 2分
00e8d

PMSとは月経前症候群という症状のことで、大きく分けると「心の不調」と「身体の不調」の2種類に分かれます。
心の不調の代表的な症状としては「イライラする」「憂鬱な気分になる」「泣きたくなる」「落ち着かない」「情緒不安定になる」といった症状があり、身体の不調としては「乳房のはり・痛み」「下腹部のはり」「疲れ」「肌荒れ」「体重増加」・「腰痛」などが代表的な症状としてあります。

これらの症状が月経の周期に伴わないのであれば、PMSとは異なり別の疾患の可能性が疑われるので医師の診断を受けた方が良いです。また、月経周期に症状が伴う場合でも更年期障害や月経困難症といった疾患の可能性もあるので注意が必要です。

PMSは女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動が原因で起きると考えられており、症状を緩和させる為には食事の知識が大切になります。
なぜなら、食生活は肉体的にも精神的にも身体に与える影響力が強く、特にビタミンBは膨満感や空腹感、疲労感、憂鬱といったPMSの症状に有効的といわれています。この他にも脂肪分の多い食事を普段からしている場合にはPMSの症状や不快感が強くなる場合が多く、肉の動物性油脂よりも魚類や植物性といった良質な油脂を選ぶことが症状の緩和にも繋がります。
そして、PMSの症状を悪化させる食べ物には動物性油脂の他にもカフェインやチョコレート・加工された砂糖・アルコールなどがあり、出来るだけ避けた方が良いです。

食生活に気を付けることでPMSの症状を和らげることは可能ですが、それでも症状が重く気になる場合には医師の診断を仰ぎ薬を処方してもらいましょう。

 

未分類

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る