PMS改善

薬に頼らないPMS改善方法

PMSとは月経前症候群のことです。

生理中、生理前、排卵日などの色々な不快症状を改善したい

女性なら、女性誌や友人との会話などで生理の症状についての知識は少なからず得ているかと思います。
実際には痛みの感じる度合いも個人差がありますし、生理の症状も個人差がありますのでなかなか周囲には理解してもらえないことも多いのが現実です。
一般的には生理2日目や3日目が生理痛が一番辛いと言われていますが、私の場合は生理が始まる前日から始まった初日の半日ぐらいまでが最も生理痛が辛いです。そのため、鎮痛剤を飲むタイミングも生理予定日の前日に下腹部の鈍痛が感じられたらなるべく早く服用しないと効きません。
また、生理予定日の1週間ほど前からイライラしやすくなったり落ち込みやすくなります。この症状も、ほとんどない人もいるようで職場ではなかなか理解はしてもらえないのが辛いところです。
更に職場の同僚の場合ですと生理が始まる数日前から腹痛が始まり、生理が始まると2日目までは激痛になるそうです。そのため、ひどい時は鎮痛剤を服用しても通勤が出来なくなり欠勤することもあります。
欠勤すると、「またお休み?」とずる休みを疑う声があがることもありました。
私も生理痛はひどい方なので生理痛は個人差がある点を何度も周囲の社員に伝えましたが、なかなか理解はしてもらえません。
生理痛は病気ではありませんが、毎月必ず訪れる生理的な症状のためもう少し周囲の理解があっても良いのではないかと感じます。

関連リンク
生理前のイライラ解消サプリのススメ【月経前症候群PMS対策に】
生理前、生理中のトラブルの原因やその対象方法をまとめているサイトです。
→生理前の落ち込みやうつっぽい症状を治す方法は?

 

TOPへ戻る